フォト
無料ブログはココログ

« iPhoneのボタン交換 | トップページ | ワイヤーガイド交換 »

デジイチ用ストラップ

さて、こないだ悩みに悩んだ挙句に買ったPentaxQだけど、流石にデジイチだといろいろ周辺機器が必要だ。

取り回しも腫れ物に触るようになんてできないので、機動性第一だからレンズの保護用フィルターとケースは必須と思って買った。

Penq02strap

↑純正ケースを外してストラップだけの持ち歩きスタイル。落としやすい連zyキャップには携帯電話用の伸縮コイルをカッティングシートで取り付けてみた。

このケースはいいんだけど、カメラのボディの両端にストラップをつけて首から下げる方式だと、どうしても「おのぼりさん風」になってしまうし、ベトナムのひったくり状況を勘案すると、丈夫なストラップで首から下げるのはキケンでもある。

なもんで、片方だけに取り付けるハンドストラップなるものを探してみたが、これが結構高い。

しかもほとんどがセキュリティを考慮してだと思うが、手首に通す長さなので、手のひらに通してきちんと固定したい、またポーチなんかに収納するときにもたつかない、という風に思うとちょっと長すぎる。取り落とすリスクを考えるとストラップは必須なんでちょっと困った。

Penqstrap02

↑片手でのホールド状態。本体が軽いのでこのくらいのストラップで全く問題なし。バッグに押し込んでもモタモタしない。速写スタイルであります。

そこで、DIYで何とかできないかと思って、DIYの王国ジョイフルホンダに行って、材料を探してみた。お目当ては革細工のコーナーだ。

案の定革紐が何種類も置かれてて、測り売りしてもらえるらしい。

それから金具類も豊富なんで、なんぼか組み合わせればできそうだ。

結局イタリア製の革紐を50㎝、それに真鍮製のバックルを2つ、更にリベットを一袋買って家に帰り、ああでもない、こうでもないと組み合わせを試してみた。プラスティックのバックルなんかで取り外し自由にもしたかったが、残念ながら部品がない。

PentaxQのストラップガイドは8mmくらいの革紐ならなんとか通るので、ちょっときついけれどもペンチを使って通して見た。手のひらの外周に合うように長さを調節して、余った部分は持ち手の内側に強力タイプの両面テープで張り付けて補強してみた。茶色の本革ストラップで、ホールド感も仕上りも収まりもなかなか自画自賛したいデキになった。

ちなみに材料費は約1000円。

純正ケースの方にネックストラップは取り付けてあるので、必要に応じておのぼりさんモードにもできるし、そうなってもそんなに邪魔にならない。

この程度のストラップで取り回しできるというのも軽量なQならではの事。ボディカラーにもよるけど、真っ赤というのもデザイン的にありかなあ、とか思ったりして。

Copyright/BigKat2012

« iPhoneのボタン交換 | トップページ | ワイヤーガイド交換 »

写真生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPhoneのボタン交換 | トップページ | ワイヤーガイド交換 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31